歯科保険請求情報 JP-DENTAL

歯科医療従事者向けです。
主に歯科医療事務に関する最新の情報をお伝えします。
保険改定情報・疑義解釈・返戻情報・査定情報・歯科医療ニュース等。。。
歯科レセプト請求コンサルタント 「NEXT DENTAL SOLUTIONS」が運営しております。

歯科保険請求情報 JP-DENTAL イメージ画像

審査情報提供事例(社保)

【細菌簡易培養検査】○ 取扱い  原則として、「歯髄壊疽(Puエソ)」病名で、細菌簡易培養検査の算定を認める。○ 取扱いを定めた理由  歯髄壊疽は、細菌感染によって壊死した歯髄が腐敗し、根管内の歯質が感染した状態であるため、根管内の細菌感染の有無を把握する

【写真診断】○  取扱い原則として、「摩耗症(Abr)」、「咬耗症(Att)」、「酸 症(Ero)」又は「エナメル質形成不全(EHp)」病名で、歯科エックス線撮影(全顎撮影以外の場合)の算定を認める。○  取扱いを定めた理由歯科エックス線撮影(全顎撮影以外の

【歯髄保護処置】 ○  取扱い原則として、非う蝕性の実質欠損に対して「I001  歯髄保護処置  2 直接歯髄保護処置」又は「I001  歯髄保護処置  3  間接歯髄保護処置」の算定を認める。○  取扱いを定めた理由非う蝕性の実質欠損であっても、外的刺激等によっ

【歯科用3次元エックス線断層撮影】 〇 取扱い   原則として、顎変形症に対して歯科用 3 次元エックス線断層撮影の算定を認める。〇 取扱いを定めた理由     顎変形症に対する診断や治療計画を立案する上で、顎骨や顎関節の形態等を 3 次元で把握するために歯科用 3

【写真診断】○取扱い 原則として、「Hys」病名で、歯科エックス線撮影(全顎撮影以外の場合)の算定を認める。 ○取扱いを定めた理由  歯科エックス線撮影(全顎撮影以外の場合)の画像情報が、硬組織疾患の鑑別診断に有用な場合がある。※社会保険診療報酬支払基金平成

↑このページのトップヘ