平成30年10月9日付けの厚生労働省の疑義解釈です。
歯科は全部で1問のみです。以下歯科部門のみを抜粋。

【CAD/CAM冠】

問1
区分番号「J004-3」に掲げる歯の移植手術により、埋伏歯又は智歯を下顎第一大臼歯として移植した場合に、下顎第一大臼歯(移植歯)に対して区分番号「M015-2」に掲げるCAD/CAM冠による歯冠修復は算定できるか。
(答)
移植後の状態が安定している場合であって、区分番号「M015-2」に掲げるCAD/CAM冠の留意事項通知(2)に該当する場合においては差し支えない。なお、診療報酬明細書の摘要欄に移植の部位等(例:下顎右側智歯を下顎右側第一大臼歯に移植等、歯式でも可)を記載すること。


厚生労働省 厚生労働省保険局医療課
事務連絡 平成30年10月9日 「疑義解釈資料の送付について(その8)
全6ページ 歯科 6ページ